あさひ会について

心と心が通い合うよろこびを

当あさひ会は、渡部医院、介護老人保健施設プロヴィデンス、通所リハビリテーション、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションの5事業で成り立っております。
地域の皆様方との心と心の通い合いを大切に、住み慣れた地域で皆様の心豊かな暮らしを支えるため、与えられた使命感と奉仕の精神で、スタッフ一同誠心誠意努めてまいります。
地域の皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

この度、2016年4月1日より渡部医院院長に就任させて頂きました棚瀬和弥(たなせかずや)と申します。
白河市の出身です。

平成8年に福井医科大学卒業後、福井大学医学部泌尿器科及び関連病院にて20年泌尿器科医療を行ってまいりました。ご縁があり今後渡部医院にて診療を行わせて頂くことになりました。
福島県で医療が行えることを大変うれしく思っております。

泌尿器科診療のみならず、当地に根差した総合的な地域医療を目指していきたいと思っています。
どんなことでもお気軽にご相談ください。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

施設概要

名 称 医療法人あさひ会 渡部医院
介護老人保健施設 プロヴィデンス
敷地面積 7,676.50㎡
建 物 床面積:3,215.16㎡
構造:RC(鉄筋コンクリート造)
規模:地上3階
設備内容 リハビリテーションルーム
温泉プール
温泉浴室
定 員 入所:86名
通所:20名

沿革

1989年11月2日(平成元年) 渡部病院開業
1991年3月6日(平成3年) 医療法人渡部病院設立
2003年2月1日(平成15年) あさひ居宅介護支援事業所開設
2003年2月1日(平成15年) あさひ訪問看護ステーション開設
2003年6月1日(平成15年) 通所リハビリテーションサービス開始
2009年7月1日(平成21年) 医療法人あさひ会に名称変更
2009年7月1日(平成21年) 介護老人保健施設プロヴィデンス開業
2009年7月1日(平成21年) 渡部病院から渡部医院へ名称変更